講師は全員「理系の研究者」

リバネススクールの先生は全員が理系大学院の修士または博士号を取得しています。子どもたちに「科学の魅力」や「研究者の視点」を伝えるためには、自らが科学に親しみ、科学に対する哲学をもっていることが重要だからです。科学者が自分の専門分野の魅力を伝える教材を開発し、自らが教壇に立つことを大事にしています。(主な学位:農学、理学、生命科学、薬学、工学、海洋科学、分子生物学など)

藤田大悟(ふじただいご)

ロボティクスラボ・所長 エンジニアコース講師

広島県尾道市出身。流山育ち、神奈川県在住。物心ついた頃からモノづくりが大好きで、小学校3年生から電子工作の通信講座をやっていました。高校時代は理科部でアマチュア無線(2級)。大学は方向性を変えて東京工業大学で生命工学を学び、ウイルスの構造の研究を行い、修士号を取得。会社ではサイエンスショー、宇宙教育プロジェクト、ロボティクス研究所など様々な事業を立ち上げ、子どもたちに科学・技術に挑戦できる場を作り続けています。ボーイスカウトの富士章をもっているため、キャンプ等のサバイバルも大好きです。

藤田大悟(ふじただいご)

花里美紗穂(はなざとみさほ)

ロボティクスラボ 飯田橋校リーダー ベーシック・アドバンスドコース講師

長野出身  腸管免疫の研究をしていました。 絵を書くのも得意で、理科の王国キットでは 植物のたねヒコーキの絵本も担当しています。 http://scienzeday.com/kit/004seedflight.html 【学部】 広島大学生物生産学部生物生産学科 免疫生物学研究室 「ニワトリ抗BAFF抗体の作成」 【大学院】 (修士‐博士)(2014修了) 横浜市立大学大学院 生命ナノシステム科学研究科 生命ナノシステム科学専攻 免疫生物学研究室 横浜理化学研究所 粘膜システムグループ所属 「M細胞を標的としたワクチンデリバリー方法の構築」

花里美紗穂(はなざとみさほ)

伊地知聡(いじちそう)

ロボティクスラボ 那覇校リーダー

大阪市立大学 工学部 生物応用化学科 玉垣研究室 「甘草由来成分を用いた新規高甘味誘導体の創製」 大阪出身 科学を学ぶことで、何かを創り出し、誰かを笑顔にできる人材を育てたいと思っています。自然は科学の宝庫です。自然豊かな沖縄ならではの、世界を変える人材が生まれると思っています。一緒に科学を楽しみましょう。高等学校教諭免許状(工業)を持っています。 有機合成の研究者 大阪市立大学大学院 工学研究科 荻野研究室 「短鎖ケトセラミドによるアポトーシス誘導機構の解明」 以下論文詳細・被引用媒体へのリンク [1] http://goo.gl/FB4Li [2] http://bit.ly/h4w3sW [Wikipedia] http://bit.ly/hRRuCV

伊地知聡(いじちそう)

百目木幸枝(どめきゆきえ)

ロボティクスラボ 統括リーダー

出身は青森県八戸市。北海道大学大学院生命科学院修了(生命科学 修士)。第一種教員免許(理科・農業)を持っています。得意なサイエンス分野は、植物分子生物学、ロボット工学、天文学。猟師の父の影響で小さいころから自然とものづくりの面白さに包まれて成長してきました。技術をもった企業と協力して企画の開発をしています。子ども達と一緒に世界を変えるものづくりをしたいです。

百目木幸枝(どめきゆきえ)

中島翔太(なかしましょうた)

ロボティクスラボ 大阪校リーダー

広島県出身。東京農工大学大学院応用化学専攻修了。 大学院では、リチウムイオン電池の正極材料の研究を行い、充放電メカニズムの解析に取り組んだ。修士1年の頃には、コピーライター養成講座に通うなど、言葉(映像とかも)で人の気持ちを動かすことにもとても関心がある。現在はリバネスの教育開発事業部にて、サイエンスをより新しく、面白く伝えていくために、色々と模索をしている。

瀬野亜希(せのあき)

ロボティクスラボ 飯田橋校サポートスタッフ

バリィさんを輩出した愛媛県今治市生まれ。大阪大学大学院生命機能研究科修了(理学 修士)。大学では、目が見えるしくみの研究を、卒業後は肉腫中皮腫先端治療研究センターというところで、肉腫(筋肉や骨などにできるがん)の遺伝子治療薬の研究をしていました。 今はロボ研の皆とロボットの勉強中です。一緒に楽しくエンジニアを目指しましょう!

瀬野亜希(せのあき)

吉田拓実(よしだたくみ)

ディスカバリーラボ、ロボティクスラボ サポートスタッフ

東京大学農学生命科学研究科応用生命化学専攻修了 博士(農学)。得意な分野は、遺伝子、植物、ロボット。様々な企業、大学と連携しながら新しい企画づくりを行っています。一緒に研究する子どもたちを待っています!
【投稿論文】
Arabidopsis HsfA1 transcription factors function as the main positive regulators in heat shock-responsive gene expression, Yoshida T, et al., (2011) Mol Genet Genomics. Functional analysis of an Arabidopsis heat-shock transcription factor HsfA3 in the transcriptional cascade downstream of the DREB2A stress-regulatory system. Yoshida T, et al., (2008) Biochem Biophys…

吉田拓実(よしだたくみ)

中嶋香織(なかしまかおり)

バイオディスカバリーラボ・所長 飯田橋校・教室長

富山出身。山と畑と田んぼとお花に囲まれて育ちました。奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科修了(バイオサイエンス 修士)。第一種教員免許(高校理科・専修)を持っています。得意なサイエンス分野は植物生理学、細胞生物学、分子生物学。きびしい環境でも、柔軟にたくましく成長する植物の力をみなさんにも知ってもらいたいです。

中嶋香織(なかしまかおり)

上野裕子(うえのゆうこ)

ディスカバリーラボ 企画開発 講師

埼玉県出身  超過酷な環境で生きる微生物の研究者 立教大学大学院生命理学研究科修了 博士(理学) 幼少期はオランダ、アメリカで育ち、大自然とともにのびのび成長。 修士課程では、メリーランド州立大学 Center of Marine Biotechnologyにて1年間、極限環境生物の研究を行った。女子大生学生団体でリケジョ博士として、キャリア講演なども行う。サイエンスメディア『someone』を統括。 立教大学 理学部 生命理学科 立教大学 理学研究科 生命理学専攻 博士課程前期 University of Maryland, Center of Marine Biotechnology 立教大学 理学研究科 生命理学専攻 博士課程後期

上野裕子(うえのゆうこ)

秋永 名美(あきなが なみ)

アグリサイエンスラボ リーダー

東京・千葉出身。国内外の色々な地域に出かけて、その土地の人と話をしたり美味しいものを食べることが好き。東京理科大学理学部物理学科卒業、東京大学大学院サステイナビリティ学教育プログラム修了(サステイナビリティ学  修士)。数学が苦手なのに、科学、実験、ものづくりが大好きで理系の道に進みました。そんな科学が、どうしたら社会に役立つだろうという疑問をいつも持っています。大学院では、岩手県釜石市の集落に通い、震災後の地域の課題を集め持続可能な街のあり方について研究をしました。それを実際に社会に還元するため、現在リバネス地域開発事業部にて、地域のリーダーを育てる実験教室や研究活動を行っています。

IMG_2978

戸金悠(とがねゆう)

アグリサイエンスラボ 講師

東京農工大学大学院生物生産科学専攻修了 博士(農学)。第一種教員免許(理科・生物)を持っています。得意なサイエンス分野は、発生生物学、神経生物学、遺伝学。小学生の頃より生き物のおもしろさに魅了されています。「生きる仕組み」という視点で見ると、多様な生き物間でも非常によく似ています。知れば知るほどおもしろい生き物の不思議に一緒にせまりましょう。
【投稿論文】
Spatio-temporal pattern of programmed cell death in the developing Drosophila optic lobe. Togane Y, et al., (2012) Development, Growth & Differentiation.
受賞歴
国際細胞死研究会 Richard Rocksin賞受賞 昆虫にまつわる研究コンクール 「ハート大賞」受賞

戸金悠(とがねゆう)