hdr001

小中学生のための研究所「NEST LAB.」

NEST LAB.(ネスト・ラボ)は「好きを究めて、知を生み出す」をテーマとした、小中学生のための研究所です。研究者集団のリバネスが20年間で培った教育・人材・研究・創業のノウハウを全て注いだ次世代教育プログラムです。STEAM教育の先をいくNEST教育の考えをもとに、子どもたちの想いを起点に、「世界中の誰もが知らないこと」や「まだ誰も解決できていないこと」について、探究し続ける研究者を育てます。

サステイナブルサイエンス専攻

身近に隠されたサイエンスを発見しよう

ロボットAIテクノロジー専攻

身近な課題を解決するテクノロジーを発明しよう

NEST LAB.の特徴

① 研究者になれる

教科書通りの実験をして答え合わせをするのではなく、誰も答えを知らないテーマを扱い、自ら仮説検証を繰り返す人が「研究者」です。NEST LAB.では研究者になるために必要な、科学技術基礎力、課題発見力、論理的思考力、仮説検証力を養います。

② 研究を認める仲間がいる

研究の世界は、オリジナリティがある分、身近に同じテーマを持つ人がいない場合が多いです。NEST LAB.では、同世代の研究者が集まり、お互いのテーマについてディスカッションする機会があります。お互いを認め合い、切磋琢磨する場になります。

③ 研究者と議論できる

第一線で活躍する研究者たちから学ぶ機会を作ります。彼らの発想や情熱を通じて、自身の好奇心を駆り立て、子どもたちの次の一歩を促します。また、リバネスが主催する中高生のための学会「サイエンスキャッスル」を始め、さまざまな学会で発表することができます。

お知らせ・活動の様子

専攻について

NEST LAB.では、オリジナル教材を用いて、五感を通じて自然から学び、仮説検証を行い、科学技術を生み出す本格的な研究開発に挑戦していきます。オンラインでありながら、実体験を通じて、好きを究めて、知を生み出すことができる内容となっています。学ぶことのできる専攻は2種類あり、各自の興味関心に沿って選ぶことができます。

sic0112

サステイナブルサイエンス専攻

身近に隠されたサイエンスを発見しよう

環境問題、食糧問題、エネルギー問題、海ゴミ問題…。数多くの社会問題が取り上げられる中、ヒトがこれからも地球で暮らしていくためには、持続可能性を問うことが重要になります。人間だけでなく、自然や生きものなど生態系全体に視野を広げて、問うことが大切です。言い換えるならば、身の回りを観察し、自ら疑問を持つということです。本コースでは子どもたちの純粋な好奇心を起点に、問うことを繰り返し、身近に隠されたサイエンスを発見しながら、ともにサステイナブルな社会を考えていきます。

so002

ロボットAIテクノロジー専攻

身近な課題を解決するテクノロジーを発明しよう

言葉、船、紙、カメラ、自動車、人工衛星、インターネット、ロケット、AI…。はるか昔の旧石器時代から、人類は様々な発明をしてきました。その進歩は止まることを知らず、次々と新たな発明が生まれています。そして、近年急速に発展するAIやロボット技術は身近になり、誰もがそれらを活用して、新たな発明ができる時代になっています。本コースでは、各技術を基礎から学び、それらの知識を組み合わせて新しいテクノロジーを発明し、身の回りの課題を解決していきます。

kck
ch-031

サイエンスキャッスルにチャレンジ!

中高生研究者の登竜門であるアジア最大級の学会「サイエンスキャッスル」に参加することができます。自らの研究内容を発信するとともに、全国の中高生研究者たちの研究内容に触れることで、新しい発見を手に入れることができるはずです。

サイエンスキャッスル研究費にチャレンジ!

自らの研究に情熱を燃やし、独創的な研究を進める中高生研究者に対する研究助成制度です。研究費だけでなく、研究者からのサポートも受けることができます。