20220131_02

小中学生の才能発掘研究所「NEST LAB.」

NEST LAB.(ネスト・ラボ)は「好きを究めて知を生み出す」をテーマとした、小中学生のための才能発掘研究所です。研究者集団のリバネスが20年間で培った教育・人材・研究・創業のノウハウを全て注いだ才能育成プログラムです。STEAM教育の先をいくNEST教育の考えをもとに、子どもたちの好きを起点に、「世界中の誰もが知らないこと」や「まだ誰も解決できていないこと」について、探究し続け、才能を開花させる場を提供します。

好きすぎることがあり親の手に負えない人、これまでのサイエンス・プログラミング塾だと物足りない人、学校ではなかなか自分のやりたいことの相談ができない人、同じ興味を持った話の合う友達まわりにいない人は、是非NEST LAB.へ入所ください。学びに限界をつくらず、あなたの情熱を研究者と共に深め、究めて、知を生み出していきましょう。

サステイナブルサイエンス専攻

身近に隠されたサイエンスを発見しよう

ロボットAIテクノロジー専攻

身近な課題を解決するテクノロジーを発明しよう

NEST LAB.の特徴

あなたの好きを研究できる

NEST LAB.では本人の才能を伸ばすために好きなことを徹底的に追求する研究所です。仮説検証を繰り返し、徹底的にトレーニングを行い、研究のセンスを磨きます。

プロの人たちと議論できる

講師は修士・博士号を取得した研究者が中心に行います。また、中高生のための学会「サイエンスキャッスル」等の学会で発表し、中高生や大学生、大人の研究者たちと議論することができます。

様々な好きをもった仲間を作れる

オンラインで学ぶため、全国どこからでも受講することができます。他分野の「好き」を持った全国の小中学生研究者たちと仲間になり、一緒に学んでいきましょう。

ニュース

専攻について

NEST LAB.では、自分の「好き」を最大限に追求し、才能発掘を行う研究所です。オリジナル教材を用いて、五感を通じて自然から学び、仮説検証を行いながら、本格的な研究に挑戦することで、才能開花を促します。オンラインでありながら、実体験を通じて、好きを究めて、知を生み出すことができる内容となっています。学ぶことのできる専攻は2種類あり、各自の興味関心に沿って選ぶことができます。

sic0112

サステイナブルサイエンス専攻

身近に隠されたサイエンスを発見しよう

環境問題、食糧問題、エネルギー問題、海ゴミ問題…。数多くの社会問題が取り上げられる中、ヒトがこれからも地球で暮らしていくためには、持続可能性を問うことが重要になります。人間だけでなく、自然や生きものなど生態系全体に視野を広げて、問うことが大切です。言い換えるならば、身の回りを観察し、自ら疑問を持つということです。本コースでは子どもたちの純粋な好奇心を起点に、問うことを繰り返し、身近に隠されたサイエンスを発見しながら、ともにサステイナブルな社会を考えていきます。

so002

ロボットAIテクノロジー専攻

身近な課題を解決するテクノロジーを発明しよう

言葉、船、紙、カメラ、自動車、人工衛星、インターネット、ロケット、AI…。はるか昔の旧石器時代から、人類は様々な発明をしてきました。その進歩は止まることを知らず、次々と新たな発明が生まれています。そして、近年急速に発展するAIやロボット技術は身近になり、誰もがそれらを活用して、新たな発明ができる時代になっています。本コースでは、各技術を基礎から学び、それらの知識を組み合わせて新しいテクノロジーを発明し、身の回りの課題を解決していきます。

kck

オンラインで体験教室受付中

NEST LAB.2021の活動報告(ジュニアドクター育成塾NESTプロジェクト)

活躍する卒業生

立崎乃衣さん

2016年卒業

5歳より電子工作、9歳よりロボット製作を始める。サイエンスキャッスル2017関東大会でTHKの部品を使った給仕ロボットペンちゃんを発表し優秀賞・大会特別賞受賞。2017年よりFRCチームSAKURA Tempestaに所属し設計を担当。FIRST Robotics Competitionに出場し、Regional Chairman's Awardを2回、新人賞3つを全て受賞。「Lenovo」が選ぶ「社会変化を体現している10人の若い女性」に日本人で唯一選出。孫正義育英財団5期生。NEST LAB.の前身であるロボティクスラボで培った3DCADの技術を活用し、2020年Face Shield Japanを設立し、2000個のフェイスシールドの寄付活動を行う。

立崎さんの現在の活動内容や、ものづくりに目覚めたきっかけについて紹介している動画を視聴いただけます。動画

松尾和弥さん

2018年卒業

ロボティクスラボでの研究開発を経て、2025年の大阪万博に向けた、水素エネルギーを活用したロープウェイの構想を考え、発表。その成果が2017年に大阪府主催の「水素・燃料電池工作コンクール」にて優秀賞に選ばれる。その後も、研究開発を続け、サイエンスキャッスル研究費THK賞に採択され、自宅で3Dプリンタなどを用いて水素エネルギーロープウェイのモデルを開発。その後、都市型ロープウェイを研究開発している、ベンチャー企業「株式会社Zip Infrastructure」にインターン生として参加し、研究開発を進めている。

松尾くんによるロボティクスラボの参加に関する考察をまとめていただきました。記事

オンラインで体験教室受付中