ホーム バイオディスカバリーラボ ニュース 【サイエンス教室日誌】M-01チャレンジ:植物探偵!〜これが同じ植物?〜

【サイエンス教室日誌】M-01チャレンジ:植物探偵!〜これが同じ植物?〜

375
0
シェア

こんにちは、ディスカバリー研究所の吉田です。

植物探偵のチャレンジのテーマは、種の形です。

植物は様々な戦略で自分の生息範囲を広げています。

種の形もその1つ、例えば南国に生えているヤシの木の種は水に浮くような構造をして、隣の島まで海を渡ります。

他にもタンポポの種も風で飛んで行きやすいようなフワフワとした形をとっています。

それ以外にも動物にくっついて運ばれるオナモミなどなど、植物の種には工夫が沢山詰まっています。

 

植物探偵のチャレンジでは、風に飛ばされる種のモデルを自分たちで作って、種の形のふしぎを研究しました。

P1120461-001

 

 

 

 

 

 

それぞれが飛びやすい種の形をスチロールペーパーで切り出して、どんな形が一番飛ぶのかを調べます。

P1120454-001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで協力して計測し、研究結果をまとめました。

次回からは、2つ目の研究テーマ「小さな世界を見てみよう」です。

[table id=7 /]

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here