ホーム お知らせ 【大阪校・教室日誌7月①】【メカトロニクスコース】ギヤとクローラで悪路を走破せよ!

【大阪校・教室日誌7月①】【メカトロニクスコース】ギヤとクローラで悪路を走破せよ!

32
0

7月のMTコースの授業はギヤとクローラがテーマです.ギヤは多くの駆動部分に使用されており身近な例では自動車などが挙げられます.自動車のギヤは回転速度を変えて、坂道を走りやすくしています.ギヤだけでなくクローラを使用することで走りやすさを変えることができます.

 今回の授業ではギヤの特性について学びました.ギヤは歯数の異なるギヤと組み合わせることでスピードを速くしたり,パワーを強くすることができます.例えば,歯数8のピニオンと歯数24のギヤを組み合わせた場合,受動部のギヤはピニオンに比べて速度は1/3になります.受動部のギヤが1回転する間にピニオンが3回転するだけの力が加わるので,トルクは3倍になります.

 次にクローラについて学びました.クローラは車や機械のタイヤの部分全部を囲むようにつけられた帯状のわっかのことです(日本では無限軌道と呼ばれています).クローラは地面に接地している部分が広いため,一か所にかかる重さが軽くなるため,雪道やでこぼこした道の走行に適しています.

 今回の授業では4輪の車を用いてギヤの特性を学んでいきます.

ギヤを間違えると回転速度やトルクが変化するため慎重に組み立てました.

完成品がこちらになります.コントローラを使いラジコンのように操作することができました.ギヤボックスなしのモータの回転と,ギヤボックスを搭載したときの回転について比べてみると今回の授業を理解しやすいと思います.ぜひチャレンジしてみてください!

次の授業では今回使用したラジコンにクローラをつけて特性を学んでいく予定です.お楽しみに!