ホーム 特別講座【終了】 【5/9締切参加募集】5/15 小中学生才の能発掘研究所NEST LAB.オンライン探究講座【コマ博士しろう先生の 「まわる」世界の大研究】

【5/9締切参加募集】5/15 小中学生才の能発掘研究所NEST LAB.オンライン探究講座【コマ博士しろう先生の 「まわる」世界の大研究】

639
0

小中学生の才能発掘研究所 NEST LAB.では、「好きを究めて知を生み出す」をキャッチフレーズに、個人の好きを発見し、才能を開花する ためのプログラムを実施しております。4月からスタートした本講座はおかげさまで50名以上の受講生が北海道から沖縄、海外からご参加いただいております。今回、より多くの方に興味のきっかけを提供すべく、特別講座を行うことにいたしました。記念すべき第1弾は、コマ博士こと、東京工業大学助教の山崎詩郎さんが講師となり、「コマ」をキーワードに、世界のふしぎに迫っていきます。

「世界はコマでできている」

世界コマ大戦に出場した「コマ博士」こと、しろう先生が「まわる」をテーマに「コマ」の世界をたっぷりお届けします。美しいオリジナルコマで「まわる」のふしぎに迫るだけでなく、「ちばコマキット」のメタルパーツを組み合わせて、自分だけの最強コマにする研究に挑戦しよう!そして、ミクロからマクロの世界まで実はコマのようにまわっているということを知ることで、世界がもっと面白くなります。

講師:山崎詩郎 先生

東京工業大学大学院理学系助教

東京大学大学院理学系研究科物理学専攻にて博士(理学)を取得後、量子物性の研究で日本物理学会若手奨励賞を受賞、東京工業大学理学院物理学系助教に至る。全日本製造業コマ大戦優勝を機に、科学と遊びを融合した「コマ博士」として超異分野学会特別賞を受賞。著作の講談社ブルーバックス『独楽の科学』は、科学館夏休み特別展示展、NHK等でのTV特番、『メタルコマキット』(幻冬舎)等の形になる。SF映画『TENET テネット』の字幕科学監修や公式映画パンフの執筆、『クリストファー・ノーランの映画術』(玄光社)の監修を務める。

実施概要

日時:2022年5月15日(日)13時ー15時

場所:Zoomでのオンライン

申込締切:2022年5月9日

受講料(税込):6600円(ちばコマキット※、オリジナルコマ教材、送料全て含む)

※ちばコマキットとは全日本製造業コマ大戦の公式キットで、重さの違う3種類のリング(アルミ・ステンレス・真鍮)と、2種類の軸(ステンレス)が入っており、重心を変化させてどのように動きが変わるかを理解することができます。本格的な金属ゴマです。紹介ページ

主な対象:小学3年生〜中学生(それ以外の学年も参加可能)

ご家庭で準備するもの:セロハンテープ、筆記用具、広く平らな場所(普通の机やテーブルでOK。絨毯の上などはNG)

備考:教材は前日までに申込時にいただいた住所にお送りします。

申し込みのためには、リバネスIDの登録が必要となります。「参加者募集中のイベント」のカテゴリ内の「NEST LAB. 2022特別講座」を選択いただき、お申し込みをお願いします。なお、初めての方はリバネスIDの登録画面に遷移いたします。

藤田 大悟/Daigo Fujita 製造開発事業部部長 広島生まれ、流山育ち、横浜市都筑区在住。千葉県立東葛飾高校時代には、生徒会長・議長・合唱祭委員長・理科部無線班班長などいろいろ挑戦。科学が大好きで、小さい頃か科学実験や電子工作をしていました。ボーイスカウト富士賞、アマチュア無線2級。大学時代は東工大ScienceTechnoという科学イベントサークルを立ち上げ全国でイベントを実施。日本科学未来館ボランティア1期生で、様々な立ち上げを行う。東京工業大学ではナノマシンでもあるウイルスの構造の研究で修士号取得。現在は株式会社リバネスで教育開発事業を手がける。 国際宇宙ステーションに植物の種をうちあげて、子供達に調査してもらう宇宙教育プロジェクト、等身大のロボットバトルである日テレロボットバトル日本一決定戦、吉本興業とのおもろふしぎラボ、小学生の本格ロボット教室、TEPIA先端技術館など様々な企画開発を担当。 日本科学未来館のボランティアの立ち上げに関わった関係で、全国ミュージアムの知り合いも多く、ロボット、宇宙、ものづくり関係の仲間をどんどん増やしている。