ホーム お知らせ 【小中学生募集】10/30 NEST LAB. ダンゴムシも食べちゃう? 地球を元気にする、みらいのねんどを研究せよ!【10/17〆切】

【小中学生募集】10/30 NEST LAB. ダンゴムシも食べちゃう? 地球を元気にする、みらいのねんどを研究せよ!【10/17〆切】

4013
0

小中学生の才能発掘研究所 NEST LAB.では、「好きを究めて知を生み出す」をキャッチフレーズに、個人の好きを発見し、才能を開花する ためのプログラムを実施しております。4月からスタートした本講座はおかげさまで50名以上の受講生が北海道から沖縄、海外からご参加いただいております。

今回は、皆さんもおなじみの「ねんど」をテーマに特別講座を実施します。しかし、実験で用いるのは、みんなが知っているただのねんどではありません!今回は、2022年に生まれたばかりの、株式会社まゐらすが開発している地球の栄養になるという、未利用資源由来のみらいのねんど(商品名:みんなのねんど※)用います。じつはまだ、わからないこともおおいので皆さんと一緒に研究してもらいたいのです!

さらに特別ゲストとして、世界で初めて服から服に完全リサイクルを実現した、株式会社JEPLANの岩元美智彦さんをゲストにお招きします。そして、今回みらいのねんどの企画販売をしている、株式会社まゐらすの伊藤慶子さんにもご参加いただき、みらいのねんどについてお話しいただきます。なお、今回の特別講座でつくった素敵な作品は、11月5-6日に行われる大阪万博プレイベントのJEPLANブースにて特別展示をします!(なお、作品は抽選で選ばれます)

※「みんなのねんど」は、主に国産の食品(食ロス等)を主原料にしてできた粘土です。色も天然の植物由来です。最大の特徴は、土の中や水の中で分解し、微生物のエサや自然の栄養になること。ねんどで楽しく遊んだ後は、ぜひ自然環境のに置いて観察してみてください。自分たちのねんどはどんな循環をするのか、その過程でどうしたら地球はもっと良くなるのか、そんな想いを育てるきっかけになればいいなと思っています。

「ダンゴムシも食べちゃう? 地球を元気にする、みらいのねんどを研究せよ!

こどもが大好きな「ねんど」。小さい頃から、油ねんど、紙ねんど、こむぎねんど、などを使ってきたと思います。ただ、終わったら捨ててしまうもったいないものでした。

今回、みなさんにお届けするカラフルな「ねんど」は、コーンスターチやお米の使われない部分を原料をリサイクルして作ったねんどです。そのため、このねんどは作品を作るためだけでなく、植物がすくすく育っていく栄養にもなるのです!さらに、自然から取り出した色を使っており、安心安全。ダンゴムシなどの「分解者」のいきものもおいしくたべるようです。

今回の「ねんど」は昨年世界で初めて生み出されたばかりで、まだまだ分かっていないことが多くあります!そこで特別講座では、みなさんに地球防衛軍の一員になってもらい、このねんどの秘密を探っていってみたいと思います!

特別ゲスト:岩元 美智彦 先生

株式会社JEPLAN 取締役 執行役員会長

1964年鹿児島県生まれ。 大学卒業後、繊維商社で繊維製品のリサイクルに深く携わる。 2007年、研究者だった髙尾正樹現社長とともに、前身である日本環境設計株式会社を設立。 翌年、綿繊維からバイオエタノールをつくる技術開発に成功。

特別ゲスト:伊藤慶子 先生

株式会社まゐらす 代表取締役

株式会社WMI 、株式会社まゐらす代表。公務員から独立起業。現在は「みんなのねんど」の企画販売を行う。

講師:藤田大悟 先生

株式会社NEST EdLAB 代表取締役

1981年、広島県尾道市出身。流山育ち、神奈川県在住。高校時代は理科部でアマチュア無線(2級)。大学は方向性を変えて東京工業大学で生命工学を学び、ウイルスの構造の研究を行い、修士号を取得。会社ではサイエンスショー、宇宙教育プロジェクト、ロボティクス研究所など様々な事業を立ち上げ、子どもたちに科学・技術に挑戦できる場を作り続けています。

実施概要

日時: 2022年10月30日(日) 13:00-15:00

形式: オンライン(Zoomで接続)

講師: 株式会社NEST EdLAB 代表取締役 藤田大悟

特別ゲスト:株式会社JEPLAN 取締役 執行役員会長 岩元 美智彦
株式会社まゐらす 代表取締役 伊藤慶子

対象: 小学1年生ー中学3年生 最大100名

内容:

みらいのねんど はなにがすごいの?

ねんどをさわって、比べて、研究しよう!

ねんどで私たちの未来を表現しよう

ねんどの最先端

特別講演:地球環境防衛軍隊長の挑戦!ーあらゆる資源のリサイクルが、世界を平和にする

費用:参加費3000円+教材費1800円 (送料込み・税別)

主催:小中学生の才能発掘研究所 NEST LAB.

協力:株式会社まゐらす

申込締切:2022年10月17日23時59分

おうちで準備するもの:

シート(ねんどをおくシート)

わりばし(ねんどにせんをつけたりするもの)

へら(あれば)

申し込みのためには、リバネスIDの登録が必要となります。「参加者募集中のイベント」のカテゴリ内の「NEST LAB. 2022特別講座」を選択いただき、お申し込みをお願いします。なお、初めての方はリバネスIDの登録画面に遷移いたします。

藤田 大悟/Daigo Fujita 製造開発事業部部長 広島生まれ、流山育ち、横浜市都筑区在住。千葉県立東葛飾高校時代には、生徒会長・議長・合唱祭委員長・理科部無線班班長などいろいろ挑戦。科学が大好きで、小さい頃か科学実験や電子工作をしていました。ボーイスカウト富士賞、アマチュア無線2級。大学時代は東工大ScienceTechnoという科学イベントサークルを立ち上げ全国でイベントを実施。日本科学未来館ボランティア1期生で、様々な立ち上げを行う。東京工業大学ではナノマシンでもあるウイルスの構造の研究で修士号取得。現在は株式会社リバネスで教育開発事業を手がける。 国際宇宙ステーションに植物の種をうちあげて、子供達に調査してもらう宇宙教育プロジェクト、等身大のロボットバトルである日テレロボットバトル日本一決定戦、吉本興業とのおもろふしぎラボ、小学生の本格ロボット教室、TEPIA先端技術館など様々な企画開発を担当。 日本科学未来館のボランティアの立ち上げに関わった関係で、全国ミュージアムの知り合いも多く、ロボット、宇宙、ものづくり関係の仲間をどんどん増やしている。