ホーム お知らせ 小中学生の才能発掘研究所NEST LAB. 、7社のベンチャー企業とオンライン型のアントレプレナーシッププログラムを共同開発、2023年4月より開講

小中学生の才能発掘研究所NEST LAB. 、7社のベンチャー企業とオンライン型のアントレプレナーシッププログラムを共同開発、2023年4月より開講

543
0

 株式会社リバネスの子会社であり、オンラインスクール「小中学生の才能発掘研究所 NEST LAB.」を展開する株式会社NEST EdLABは、2023年度から本格化する予定の初等・中等教育におけるアントレプレナーシップ教育(※1)の開始に先立ち、アントレプレナーシップ専攻を新しく開講します。(リバネスHPリリース

 近年、SDGsに代表されるように、地球上の様々な課題を認識・理解し、その解決に向けて取り組むことが前提の社会となりました。しかし、「環境問題」、「食糧問題」といった大枠のテーマを掲げるだけでは、課題解決に向けた具体的な一歩を踏み出すプロセスにはつながりにくく、また、教科書やweb等の情報のみでは課題を自分ごととして捉えづらいことも事実です。特に日本においては、国際的にみても、アントレプレナーシップ(自らの意思で新境地に飛び込み、未知の事柄に挑戦し続けるマインドや行動力)を養う教育環境や機会が不足しており、今後、小中学生の頃から、自らの情熱を傾けられる課題の発見とそれに対して具体的な行動を起こすプロセスを経験することが重要であると考えられます。

 こうした状態を打開するために、​​設立20周年を迎えたリバネスは次の20年を見据え、アントレプレナーシップを発揮しながら、次の時代を創る人材(アントレプレナー)の育成を促進し※2、組織の壁を越えて新たな事業を次々と生み出す土壌をより強固にするための「アントレプレナー投資」※3を加速させています。

 そしてこの度、アントレプレナー投資の一環として、小中学生向けオンラインスクールNEST LAB.において、アントレプレナーシップ専攻を新しく開講しました。本専攻では、課題を自分ごと化し、その解決に向けて具体的な行動を起こしている若手のベンチャー創業者たちとの議論を通じて、アントレプレナーを身近に感じる機会を創出します。さらに、本人が課題の現場を直接的に経験することで、ウェブや教科書にはない一次情報を取得する習慣を身につけ、一歩を踏み出せる自分ごとの課題を発見していきます。

 本プログラムは、全国の家庭から誰もが参加できる、日本初のボーダーレスなオンライン型アントレプレナーシップ教育として、2022年12月から受講生募集を開始し、2023年4月から開講予定です。ご興味ある方はこちらから体験教室・説明会にご参加ください。

※1:起業家教育、小中高生に活路 文科省23年度から対象拡大
※2【リバネス20周年記念企画・第9弾】20代のベンチャー創業者12人と共に、 中学・高校生向けのアントレプレナーシップ教育を開始
※3:【リバネス20周年記念企画・第13弾】知識プラットフォーム拡張及びアントレプレナー投資のための、20億円の資金調達を実施

<アントレプレナー紹介>

【宇宙建築:人類が月に住むためには】


高橋 鷹山 (28歳)
たかはし ようざん
株式会社OUTSENSE 代表取締役 CEO
大学院時代に、大型構造物の研究をするためにJAXA特別利用共同研究員としてJAXA研究室に所属するも、研究と実現性の乖離を感じ大学院退学と同時に退席。月に家を建てることを目指して、MAKERSUNIVERSITYやTSGなどのビジネスプログラムに参加しつつ、ispaceインターンとして民間宇宙開発について学ぶ。現在は、株式会社OUTSENSEの代表として、宇宙で人が暮らす時代の構築を目指し、事業化に従事。(OUTSENSEによる本講座の講師就任のおしらせ

【毛髪診断:髪の毛で健康診断を行う未来】


五十棲 計 (26歳)
いそずみ けい

株式会社イヴケア 代表取締役
2018年3月、同大学の大平雅子准教授研究室(当時・現教授)で行っていた毛髪によるストレス分析研究にスタートアップ企業が興味を示し、起業を勧められる。2019年1月滋賀大学発のベンチャー第一号として五十棲が代表取締役、大平教授が技術面を担当する取締役となって株式会社イヴケア設立。2020年フォーブズジャパンが選ぶ30UNDER30JAPAN2020に選出。

【微生物:除菌から加菌へ】


伊藤 光平 (25歳)
いとう こうへい

株式会社BIOTA 代表取締役
高校時代から慶應義塾大学先端生命科学研究所で微生物群集の研究に取り組み、都市や建築環境を対象に情報生命科学を用いた研究に従事。卒業後、株式会社BIOTAを設立し「微生物多様性を高める都市デザイン」の事業に取り組んでいる。Forbes JAPAN「30UNDER30」選出、TOKYO STARTUP GATEWAY 2020 最優秀賞、SONY U24 CO-CHALLENGE 2020 準グランプリなど。

【サンゴ:沖縄の海を東京に再現する】


高倉 葉太 (27歳)
たかくら ようた

株式会社イノカ 代表取締役CEO
1994年生まれ。東京大学工学部を卒業、同大学院暦本純一研究室で機械学習を用いた楽器の練習支援の研究を行う。在学時代にはハードウェアの開発会社を設立し、2019年4月に株式会社イノカを設立。2021年10月より一般財団法人 ロートこどもみらい財団 理事に就任。同年、Forbes JAPAN「30 UNDER 30」に選出。

【昆虫食:コオロギがつくる持続可能な食とは】


葦苅 晟矢 (28歳)
あしかり せいや

株式会社エコロギー 代表取締役
大学に入学後、模擬国連活動をきっかけに食料問題と昆虫食に興味を持つ。早稲田大学商学部卒業後に理転して同大学院先進理工学研究科に入学。現在、株式会社ECOLOGGIEの代表としてビジネス展開とともに、早稲田大学と東京農工大学と共同で昆虫テクノロジーの社会実装を実現するための研究開発に取り組んでいる。

【モビリティ:渋滞のない世界をつくる】


レボンキン マリオイアンカロスフェリド(24歳)
Zip Infrastructure株式会社 
1997年フィリピンマニラ生まれ。10歳で親と来日。青山学院大学を卒業し、三菱重工業を経て、Zip Infrastructureへ入社。趣味はロードバイクで、現在、地元フィリピンの渋滞緩和をすべく、国際担当として技術開発やフィリピンとの実証研究を目指している。

 

【衛星データ:空の目で地球を見る】


坪井 俊輔 (27歳)
つぼい しゅんすけ

サグリ株式会社 代表取締役CEO
横浜国立大学理工学部機械工学科・材料系学科を卒業。民間初、宇宙教育ベンチャーの株式会社うちゅうの創業及び代表取締役CEOを務める。同年ルワンダに赴き、教育活動を行う中で、現地の子どもが各々夢を持ちつつも、卒業後、農業現場で働くことを知る。2018年、途上国低所得農家の経営発展を実現し、将来的に子どもが人生の選択肢を増やせる状況を目指し、サグリを創業。2020年世界経済フォーラムが任命するGlobal Shaperとして選出。MIT テクノロジーレビュー 未来を創る35歳未満のイノベーターの1人に選出。農林水産省 「デジタル地図を用いた農地情報の管理に関する検討会」 委員、情報経営イノベーション専門職大学 客員教授、ソフトバンクアカデミア13期生 (サグリによる本講座講師就任のリリース

<アントレプレナーシップ専攻について>

本専攻では、アントレプレナーシップ(自らの意思で新境地に飛び込み、未知の事柄に挑戦し続けるマインドや行動力)を養うことを目的に、月2回の授業を9ヶ月間行います。1回目の授業では、アントレプレナーが目指す世界、向き合う課題について共有後、課題を実感するための実験やワークを行い、課題の理解を深めます。次回の授業までにミッション(宿題)を提示し、テーマになっている課題について、人に聞いたり、現場を訪問するなどして、一次情報に触れる習慣を身につけていきます。2回目の授業では、ミッションを通じて気づいたことなどをアントレプレナーたちと議論しながら、自身が踏み出す一歩を発信します。

【アントレプレナーシップ専攻の概要】
開催時期:2023年4月〜12月 毎月第1、第3日曜日16時〜18時(※変則日程の場合もあり)
参加形式:Zoomによるオンライン(事前に教材を送付)
受講料:授業料9,000円+教材費用4,000円+税
対象:小学3年生〜中学3年生(※対象外の方は個別相談)
授業設計:

授業 内容
1回目 アントレプレナーが目指す世界、向き合う課題について共有後、課題を実感するための実験やワークを行い、課題の理解を深める
ミッション テーマになっている課題について、自分なりに人に聞いたり、現場に訪問するなどをして、一次情報を手に入れる
2回目 ミッションを通じて気づいたことなどをアントレプレナーたちと議論しながら、自身が踏み出す一歩を発信します

 

カリキュラム:

日時 特別講師

※講師の都合で変更する場合はございます

授業① 授業②
2023/04/02 2023/04/16 株式会社NEST EdLAB 藤田 大悟
【オリエンテーション】
2023/05/07 2023/05/21 株式会社OUTSENSE 高橋 鷹山
【宇宙建築:人類が月に住むためには】
2023/06/04 2023/06/18 株式会社イヴケア 五十棲 計
【毛髪診断:髪の毛で健康診断を行う未来】
2023/07/02 2023/07/16 株式会社BIOTA 伊藤 光平
【微生物:除菌から加菌へ】
2023/08/06 2023/08/20 株式会社イノカ  高倉 葉太
【サンゴ:沖縄の海を東京に再現する】
2023/09/03 2023/09/17 株式会社エコロギー 葦苅 晟矢
【昆虫食:コオロギが創る持続可能な食とは】
2023/10/01 2023/10/15 Zip Infrastructure株式会社 レボンキン マリオイアンカロスフェリド
【モビリティ:渋滞のない世界をつくる】
2023/10/29 2023/11/12 サグリ株式会社 坪井 俊輔
【衛星データ:空の目で地球を見る】
2023/11/26 2023/12/10 株式会社NEST EdLAB 藤田 大悟
【成果発表会】

<体験教室参加者募集中!>

アントレプレナーシップ専攻では、2023年4月からの開講に向けて、12/1から新規受講者の募集を開始します。体験教室及び保護者説明会を実施しますので、ご興味ある方はご参加ください。

・日時:

2/5(日)16:00-18:00(前田さんが登壇。後半30分保護者説明会)

2/26(日)16:00-18:00(前田さんはビデオ登壇。後半30分保護者説明会)

3/5(日)16:00-18:00(前田さんはビデオ登壇。後半30分保護者説明会)


・形式: オンライン(Zoomで接続)
・テーマ:水道管のない無限手洗い機!?〜水に困らない循環型の世界をつくるために私たちは何ができるか
・内容:

  • NEST LAB.の紹介(5分)
  • アントレプレナーシップとは(10分)
  • WOTA代表の前田さんのミッションと皆と考えたいこと(10分)
  • 水はどうやってきれいになるのか?ー浄化と分析実験(30分)
  • 身近な「水」の課題について考えよう(15分)
  • “人と水の関係における、あらゆる制約を取り払う” 最先端と未来の話(20分)
  • 保護者説明会(30分)

・参加費:4000円+税(テキスト、教材、送料)
・お家で準備するもの:水、プラスチックカップ

maeda
WOSH製品写真

特別講師

WOTA株式会社 代表取締役 兼 代表執行役員 兼 最高経営責任者(CEO)前田 瑶介(30歳)
WOTA株式会社HP

プロフィール

徳島県出身。東京大学工学部建築学科卒業、同大学院工学系研究科建築学専攻(修士課程)修了。小学生の頃から生物学研究を開始し、中学生で水問題に関心を持ったことをきっかけに、高校時代に水処理の研究を実施。大学では都市インフラや途上国スラムの生活環境を、大学院では住宅設備(給排水衛生設備)を研究。デジタルアート等のセンサー開発・制御開発に従事しつつ、複数社を起業し事業売却等を経験。東京大学総長賞、グッドデザイン大賞、等を受賞。WOTA CEOとして、水問題の構造的解決を目指す。

申込にはリバネスIDのご登録が必要になります。すでにリバネスIDをお持ちの方は、「参加募集中」のカテゴリ内の「NEST LAB.2023特別講座・体験教室」を選択し、申込みをお願いいたします。

お問い合わせ

株式会社NEST EdLAB 小中学生の才能発掘研究所 NEST LAB.
担当:伊地知(いじち)、藤田、中島
TEL 03-5227-4198
E-mail [email protected]

東京農工大学大学院応用化学専攻修了。2015年にリバネス入社。自動車や鉄道車両メーカー等の小中高生向け教育プログラムを多数開発。そこで培った知見を元にして、2016年に小学生向けのロボット研究所「ロボティクスラボ」の大阪校教室長を務め、ロボティクスラボの関西エリアの拡大に貢献。子どもたちが好きなことに突き進み、道を切り開いている姿を見て、人が素直に生きられる場を世界中に広げていきたいと考え、2022年に株式会社NEST EdLABを創業。取締役に就任し、小中学生の才能を発掘・育成するカリキュラムを独自開発し、オンライン型のスクール「小中学生の才能発掘研究所 NEST LAB.」を運営している。