ホーム お知らせ 【実施レポート】9月27日(日)野菜が持つ色々な栄養!

【実施レポート】9月27日(日)野菜が持つ色々な栄養!

835
0

こんにちは。アグリサイエンスラボの南場(ばんばん)です。

9月27日のアグリサイエンスラボでは、キッチン実習を行いました。

テーマは「野菜が持つ色々な栄養素」。ビタミンのお話です。

これまでに、

6月の「ジャガイモから学ぶ消化吸収」ではデンプン(炭水化物)について。

7月の「卵から学ぶ熱変性」ではタンパク質について。

8月の「マヨネーズから学ぶ乳化」では脂質について学んできました。

そう5大栄養素もあと2つ、今回はビタミンについて学びます。

【野菜が持つ色々な栄養素】

<ビタミンCが多い生野菜はどれかな?>

ところで皆さん、ビタミンって何種類あるか知っていますか? ビタミンは全部で13 種類もあるんです。その中でも一番知られているのがビタミンC。今回はビタミンCに注目して、どの野菜にどのくらいビタミンCが含まれているのかを調べます!

今回用意したのはトマト、ジャガイモ、大根、キャベツ、枝豆、キウィフルーツ、レモン。これらを細かくすりつぶし、茶こしでろ過を行い、抽出液の上澄みを使用します。

IMG_5199

ちょっとずつ水を加えながらすりつぶします

ビタミンCを検出するパックテストを使用して、ビタミンCが含まれている量を調べます。そして多い順に並べてみます。

IMG_5201

どちらの色が濃いかな〜

そして答え合わせ。

IMG_5202

野菜自体の色も入るので、厳密な判断は難しいですが、どうだったでしょうか?

<調理によってビタミンCの量はどう変化するかな?>

さて生の野菜のビタミンCの含有量がわかったところで、調理によってその量はどう変化するのでしょうか?

「生のじゃがいも」「焼いたじゃがいも」「茹でたじゃがいも」「じゃがいもを茹でたお湯」のビタミンCの量も測ってみました!

IMG_5200

「あ!茹でたお湯にもビタミンCがある!」

そう、ビタミンCは水に溶けやすい「水溶性(すいようせい)」ビタミンの一種。だから茹でたお湯にも栄養素は溶けているんだね。

 

【稲刈り事後学習】

5月に田植えをしてから約4ヶ月。前回は稲刈りに挑戦してきました!

・5月の田植えの詳細を知りたい方はコチラ

・9月の稲刈りの詳細を知りたい方はコチラ

今回の稲刈りでは、「1本植え」「3本植え」「10本植え」のそれぞれの稲を3つずつ収穫してきました。 当日は「草丈」「稲の茎の数(分げつ数)」を数えましたが、さすがに全ては数えきれなかったので、ハカセ達がラボでお米の数以外を数えておきました。 そして当日、子ども達と一緒にお米の粒の数を数えます。

IMG_5208

集中力は大人より上・・・!

みんなで頑張って計測した結果、「草丈」「稲の茎の数(分げつ数)」「お米の粒数」のデータを取ることができました!

【結果】

その結果がこちらです。ちょっと難しいけれどがんばりましょう!

[稲の茎の数]
植え方 1本植え 3本植え 10本植え
データ 1 2 3 1 2 3 1 2 3
分枝数 8本 8本 12本 14本 22本 22本 14本 20本 29本
合計数 28本 58本 63本
1本から増えた本数 元々は合計3本の苗から28本だから・・・

28÷3=9.3本

元々は合計9本の苗から58本だから・・・

58÷9=6.4本

元々は合計30本の苗から63本だから・・・

63÷30=2.1本

1本植えで生育した方が、茎の数は増えやすいことがわかりました!

[草丈]

では「草丈」はどうでしょう? 草丈のデータは、人によって刈り取る位置が変わってしまうとデータにできないので、みやっちハカセが刈り取ったものを使います。

植え方 1本植え 3本植え 10本植え
平均値 87.5cm 85.0cm 76.3cm

1本植えで生育した方が、草丈も伸びやすいことがわかりました!

[お米の粒数]
植え方 1本植え 3本植え 10本植え
データ 1 2 3 1 2 3 1 2 3
粒数 784 761 1241 1053 1732 1881 2298 1829 2532
合計数 2786粒 4666粒 6659粒
1本から取れた粒数 元々は合計3本の苗から2786粒だから・・・

2786÷3=928.7粒

元々は合計9本の苗から4666粒だから・・・

4666÷9=518.4粒

元々は合計30本の苗から6659粒だから・・・

6659÷30=222.0粒

ここでも1本植えの方が、お米の粒数が多い結果になりました!

【結果から考えよう(考察)】

さて今回は、「何本植えにしたら、一番多くお米を取れるでしょう?」というテーマの元に実験を行ってきました。 今回の結果からは、「1本植え」が稲の成長(草丈)、本数(分枝数)、お米の粒数が一番多いという結果になりました。

この結果について、栽培ハカセの「みやっち」に聞いてみました!

(ばんばん)1本植えが一番成長したのはなぜだろう?

(みやっち)ばんばん。1本植えが一番成長するのは当たり前なんだ。同じ面積に1本が植えてあるのと、10本が植えてあるのだと、栄養素の行き渡り方が違うでしょ?こういうのを難しい言葉で「競合相手がいない」って言うよ。

1本植えと10本植え

同じ面積ということは含まれる栄養素の量も一緒。だったら1本植えの方が栄養をひとり占めできるね。

 

(ばんばん)ならば1本植えが一番お米がとれるのかな?

(みやっち)農家の人は「1本あたりの収穫量」ではなく、「一つの田んぼでの収穫量」を見るよね。今回の実験では、全て同じ間隔で稲を植えているんだ。そうすると10本植えの方が1本植えより「一つの田んぼでの収穫量」は多くなるんだよ!

(ばんばん)だとするとなぜ農家の人は「3本植え」なんでしょう?

(みやっち)さっきの成長にも関わるのだけど、「10本植え」は明らかに稲の成長が悪いよね?今回は全ての稲が成長して収穫できたけど、もし途中で何かあったら・・・。ある程度成長し、茎もしっかりしていないと倒れたりするよね。農家さんはそのバランスをみて「3本植え」にしているそうだよ

このように、収穫量と成長度合いのバランスをとり、農家さんが過去の経験を積み重ねることによって「3本植え」が一番いい植え方になったんだね。

 

さて、たっぷり頭を使ったあとはお待ちかねの食事タイム。 野菜をたっぷり使ったスープを食べて、今回の講義は終わりになりました。

IMG_5211

【アグリサイエンスラボ参加者募集中!】 アグリサイエンスラボでは、現在も参加者を募集中です! 詳しくはこちらをクリックしてください!

taiken02

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here